民の声は神の声

北朝鮮という大きな障壁があるがために、韓国も中国との往来が制約されるし、中国も旧満州地区の発展が阻害される。北朝鮮が東西世界の通路として開放されれば、満州は物凄く発展する。それはかつて日本が実証したところで、それが今度は「日本抜き」で、再現されようとしている。(中略)満州も韓国も、大きな壁に隔てられた袋小路だった。それが、「抜けられます」となる。韓国も中国も、「フロンティア」を手に入れる。人件費が急上昇しつつある中国や韓国にとっては、2500万人の従順で安価な労働力は魅力だw 時代は変わる。参照記事 中韓のメリットは、ここに書かれている通り『2500万人の奴隷確保』に尽きる。トランプの狙いは、朝鮮半島に干渉する気がない点だと思う。アメリカにとって朝鮮戦争とは、ベトナム戦争と等しく無意味な戦であった。トランプは、まず間違いなく在韓米軍をシュリンクさせる気だ。この結果として、西側資本も韓国を去ると予測する。ZTE騒動に揺れる支那は、サムソン株などを高値で買い取るだろう。韓国企業への外資は西側から支那へ切り替わる。それでいいのか?まず間違いなく高値で売りぬける最高のタイミングだと感じる。結果として韓国はレッドチームとなり、防衛線が対馬海峡まで下がって在日米軍は現状維持のまま。残念ながら、拉致問題を俎上に上げる余地はなさそうだ。 過去ブログ:2016年6月14日 これは何かのシグナルなのか

【追記】ドナルド・トランプ米大統領が24日に米朝首脳会談の中止を表明したことが、事前に製作された首脳会談の記念コインの人気急上昇に貢献しているもようだ。ややこしいが、出回っている記念コインは2種類ある。最も注目を集めているのが、米国防情報システム局傘下のホワイトハウス通信局(WHCA)が製作した記念コインで、トランプ大統領と向かい合う形で、「最高指導者」という文言と共に北朝鮮の金正恩の横顔が彫られている。記念コインは、海外からの賓客や外交官らに配るのを目的に製作される。もう一つのコインは、ホワイトハウスのギフトショップが運営するウェブサイトで販売されているトランプ氏と韓国の文在寅の姿が彫られたものだ。ウェブサイトは現在クラッシュしているが、記念コインを買おうとする人々のアクセスが殺到したのが原因だとみられる。参照記事 色々あるんですね(笑。今回の騒動で、よくリビアのカダフィ大佐の名が引用されていました。イラクのサダムと同様、自国民に始末されています。シリアのアサドは、ロシアのおかげで持ち堪えていますが、習近平は頼りになるのでしょうか。どっちに転んでも、黒電話は殺害される運命から逃れられないと感じます。 過去ブログ:2014年6月22日 韓国兵が銃乱射し同僚殺傷、現在も逃亡中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です