このオンナ最高です

今年一番の恋愛ものは”The Shape of Water”だと考えていた。この映画を見るまでは。恐ろしいことに主要キャストは3名だけ(前述の”The Shape of Water”でさえ6名いたのに)。ましてやアクションや濡場も無し(R指定じゃない)。映画マニアでもないんで、出演者の顔ぶれ見ても、監督の名前見ても、誰だか分かりゃしない。けれど、何度も見直す価値のありそうな映画のようだ。聖書を読み込んだ者でないと気付かないであろうメッセージが散りばめられている気もする。信じられないくらい低予算で出来てそうなのに、想像も付かない深みがある。脱帽です。高名な服飾デザイナーの男と、嫁にもいかずピタリと寄り添う姉、そこへ純朴な娘アルマが加わる。職業柄か、男は若くてスタイルの良い女性を囲う。しかし、女性が我を出して男を束縛しようと行動に移せば、姉が屋敷から追い出す。そして男は次の女性を探しに出かける。これが何度も繰り返されていたのであろう。新たに見初められたアルマは、玉の輿という概念すら希薄で純粋に男の才能に惚れていく。しかし、この男、自己のスタイルを絶対に崩さない。常に女性と接していたはずなのに、独身期間の長かった男特有の行動様式をとり、姉も全面的に同調した姿勢をとる。

では、玉の輿アルマは大人しかったのか?いいえwガンガンと攻勢に出るも各個撃破。それでも諦めない。終盤、男の方が参ってしまい、姉に直談判する。アルマのせいで仕事に支障をきたしていると。しかし、姉は動かない。そう、姉はアルマを家族同然とみなし始めていた。

Phantom Thread .2017

男が陥落したシーンも凄かった。カウントダウン・パーティーに一緒に行こうと提案するアルマ。行きたきゃ勝手に行けばいいと言い放ち、にべもない男。でも男は不安に駆られ、家を飛び出していったアルマを追って会場に行く。高所から喧騒の渦にいるアルマを見つけ人混みに分け入る男。ようやくアルマの目の前に辿り着いた時、アルマは喧騒を離れ独りでたたずんでいた。その時、追ってきた男に見せるアルマの素顔を目撃した観客は確信したはずだ。この男は完落ちしたぞ!とね。この女優、新人さんらしいが完璧です。あんな寂しそうな顔を魅せられたら、平常でいられる男なんぞいない。いちど、毒キノコのエキスを飲ませて体調を崩した男を看病するシーンも凄かった。男のいる寝室では靴を脱ぎ、ただ献身的に手を握るアルマの側をカツカツと耳障りな靴音を響かせながら連れてきた医師の診察を受けろという姉。一歩間違えれば「ワタシのオトコ」とのたまわった阿部定と変わりないが、男との距離感は確実に姉を抜き去った。ラスト、キノコ料理を男にふるまう。男の大嫌いなバターでソテーする。いつもイラつかせていた騒々しい水の淹れ方。そして、何が起きようとも献身的な看護をすると言って料理を差し出す。食うのか?見ている全ての観客が思ったであろう。男は食ってみせた。シーンが変わり、背中を丸めて座っている男。膝上には洗面器。もしもの時のために医者を呼んでおいてくれないかと男はアルマに伝える。膝をついて男の正面で話を聞いたアルマは、何が起きようと献身的な看護をすると答える。男は一服盛られた過去を知ってた上で、大嫌いなバターでソテーされたキノコ料理を食ったことがわかった。さらにシーンが変わり、ベンチにたたずむ男と姉、そこへベビーカーと共にアルマが合流する。ルックスだけで見いだされ邸に招き入れられたアルマが完全に主導権を握るまでの全記録w。まさに最高のオンナでした。 過去ブログ:2016年4月4日 結婚へは歩け、離婚へは走れw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です