ムズカシイことぬき!

自立とは何か を考えたとき、自分の「軸」をぶれずに持っていること、かなと思う。何が好きで何が嫌いか。こうありたい と思うことは何か。こうはなりたくない と思うことは何か。許容出来ることは何か。どうしても耐えられないことは何か。それが自分の「軸」というものであって、それを他人に明け渡してはいけないのだと思う。参照記事 奇しくも、昨日・今日と連続で、Kushi Institute(米国)の同窓でもある才媛おふたりと会う。昨日は日本におけるphoto therapyの先駆者、医学博士の石◯◯◯さん。今日は、かの◯◯◯・グループで東洋医療ドクターとして世界各国のVIPに施術しているA****さん。おふたりとも、自分の道をしっかり見据え、努力し、熟考しながらもspontaneousに、好奇心旺盛に、そして楽しみながら仕事をしている様子がうかがえて、超インスパイアされました。今日、A****さんと確認し合ったこと。「自分が本当にやりたいことで、かつ、周りの人がハッピーになることをやる」もう本当に、これに尽きると思う。シンプルだけれども、まぎれもない真実。何があっても、そこはぶれないように、明日からも日々を過ごしていこうと思います。参照記事 やっぱりネット・サーフは止められない。

霞町の会員制クラブで、売上げの経過を気にしつつ、ホステスの接客態度に落胆する雇われママの『まき』の顔が浮かんだ。彼女は、秀でた美貌を武器に風俗業界へ進み、運命の男と出会う。男の稼業はインテリ・ヤクザ(笑。ただ、冠がついてもヤクザはヤクザ。やはりというか、壮絶な修羅場を経た上で離婚し夜の世界に戻ることとなる。興味深いのは、不定期ではあっても別れたヤクザと会食を続けていること。何故かを問うと「腐れ縁かな」と一言。このヤクザにも『ラスト・ライト』の日が訪れるが、この男が最後に目にするオンナは『まき』だと確信している。彼女は母子家庭で育ったから、渡米して学ばせて貰える境遇などありゃしなかっただろう。学識も博識も信仰も何も無いが、荒くれ者の眼を見据えて堂々と対峙できる『個のチカラ』が育まれ、「安心して、私も必ずあとから行くから」と言える『度量』も備わっている。バイオレンスな実社会が学び舎だ。人生って、面白いよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です