追い込まれても勝負を捨てない

「ミスター半導体」と呼ばれ、文化勲章を受章した元東北大学長の西澤潤一(にしざわ・じゅんいち)さんが21日に死去した。92歳だった。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会を後日開く。第3のトランジスタといわれ、大電力用から高速コンピューターまで応用範囲の広い半導体の一種「静電誘導トランジスタ(SIT)」を発明。半導体レーザーや光ファイバーなど光通信の基礎的な技術も開発し、ノーベル賞候補と言われた。74年日本学士院賞、83年文化功労者、89年文化勲章。東北大、岩手県立大、首都大学東京の各学長を歴任した。 参照記事 参照記事 先生の名前を記憶したのは、SITの存在でした。当時、ヤマハが細々と作ってましたが、最適解は見つからなかった模様。先生の功績を眺めれば、黄金期は50年代だと感じます。その中でも驚愕するのは「イオン注入法の発明」ですかね。なんでノーベル賞が取れなかったんだろう?まずは、故人の御冥福をお祈り申し上げます。お疲れ様でした。 ここで小ネタを少し(笑。恐らく脳内で電子と正孔の振る舞いが三次元でイメージ出来ていたであろう先生の功績の一つである光通信の三点セット、なかでもガラスファイバについてです。電線の代わりに光ファイバーという構想に飛びついたのは海外で、実用化も早かった。ここで、南青山神宮前の某企業が社運を賭けて米国から光ファイバーを持ち込む。いわば里帰りみたいなもんかな。しかし売れない。とにかく売れない。何しろ全く売れない。万事休すに成りかけてきた際の打開策が、掲載した画像に代表される応用例です(笑。太平洋戦争の開戦時、シンガポール陥落で捕虜となった英国兵への尋問の際、「貴殿は八木アレーをご存じないのか?」と返された件と似てます(笑。先生に心酔し、数多くの若者が勉学に励んだものと推測しますが、その働き口が日本国内に存在しない現実は大いなる皮肉ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です