「・・・また連絡する」

アフガンはアジアの中心にあって最も高い位置を占める。ここを取ればロシアも中東も見下ろせる。その気になれば攻め滅ぼせる。欧州で言えばスイスも同じような位置にある。強国がそこを取ると周辺諸国の安全が脅かされる。それであそこを永世中立国にして軍事同盟を結ばせないようにした。(中略)日本にはあの半島は要衝に見える。どこか強国が取れば日本が危ない。それで日清、日露戦争を戦った。支那にしても豆満江まで西側の自由権文化が押し寄せれば具合が悪い。ロシアも北朝鮮に米軍基地ができたら北方四島どころの騒ぎではなくなる。周りの国の思惑があって今の分断国家がちょうどいい落とし処になっていた。しかし朝鮮の歴史を見ればいつも二つか三つに分裂してはガヤガヤやってきた。アフガンと同じ。それに「四夷八蛮が中原を取ったのに千年属領のまま」(林白湖)という情けない国だ。団結して外に打って出た例もない。だから北朝鮮の核を外したあとは周辺諸国が話し合い、あの半島から一切手を引いてみたらどうか。金正恩と文在寅には「みんなが東洋のスイスになるのを望んでいる」と言う。結構、見栄っ張りだ。喜んでOKすると思うが。《高山正之「変見自在:朝鮮放置論 」(週刊新潮)》

@会田誠

福岡の東公園に日蓮聖人の銅像があって、その台座部分のレリーフは蒙古襲来時に壱岐・対馬地方が受けた災難を克明に刻んでいる。あの地区は根絶やしにされた。二度もね。二回目の米朝首脳会談が不首尾に終わった事で、カリアゲの余命は一年程度に定められた。自分で何かアクションを起こさない限り、来年の東京五輪前後に空爆が行われるだろう。南だって、2,500万人もの奴隷労働力の獲得をアテにして反日路線を邁進してきた手前、経済制裁の解除が叶わぬ状況は厳しかろう。少なくとも、対馬が三度目の災難にあう可能性は捨てきれない。もう勘弁してくれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です