狙いは95年のヴェノナ文書なんかな

アメリカ最大の保守系オピニオン・サイト「タウン・ホール」に、「草の根保守」のリーダー、フィリス・シュラーフリー女史は2005年5月16日付で「ブッシュ大統領、ヤルタの屈辱を晴らす」と題して次のような論説を書いている。《ジョージ・W・ブッシュ大統領、ありがとう。時期がだいぶ遅れたとはいえ、誤った歴史を見直して、フランクリン・D・ルーズヴェルト大統領の悲劇的な間違いのひとつを指摘し、よくぞ謝罪の意を表明してくれました。去る5月7日、ラトビアにおいて演説したブッシュ大統領は、大国同士の談合によって、多くの小国の自由を売り飛ばしたヤルタ協定を誤りだったと言明しました。ブッシュ大統領は「中央ヨーロッパと東ヨーロッパの数百万人を囚われの身」に貶めたヤルタ協定を的確に非難し、「歴史上、最も大きな誤りのうちの一つとして記憶されるであろう」と述べました。この発言がなされるまで50年の歳月が経過しましたが、ブッシュの発言は、「ヤルタ協定の負の遺産が最終的に今後永遠に葬り去られた」ことを確認したことになります。》シュラーフリー女史は更に、この協定によって我々アメリカ人は現在、中国の共産主義帝国の台頭と北朝鮮の核開発に苦しまなければならなくなったとして、次のように訴えている。


《ルーズヴェルトの擁護者は、スターリンを日本との戦いに引き込むためにはこれらの譲歩が必要だった、と正当化しようとしました。ヤルタ文書は、その主張が間違っていたということを証明しています。例えば、ヤルタ会談の3ヶ月半前、アバレル・ハリマン駐ソ大使は、ルーズヴェルトに対し「太平洋戦争に参加するだけではなく、全面的に対日戦争に参戦するという完全同意をスターリンから得ている」ことを伝えています。ロシアは太平洋戦争に必要ありませんでした。そして、ロシアの参戦は、中国と北朝鮮における共産主義帝国構築への道を開くことになったのです。ソ連の参戦は、1950年代の朝鮮戦争と、今日の北朝鮮共産主義の独裁者の息子による核開発の恫喝を招いたのです。》参照記事 ヴァイスという映画を観てきた。実在の登場人物すべての同意を絶対に得られないから全編にわたってコメディータッチなんだろうな。911を奇貨に軍を動かすことができる。更にレバレッジを効かせるためにザルカウィをインフルエンサーとし、イラクに攻め入るとか悪党の極みだよな。チェイニーらの黒幕が退場しても、プーチンがシリアで火消しを済ませるまで死の連鎖は止まらなかったのは事実。映画が真実の告発なのであれば、チェイニー家の栄華は無辜の命によって維持されていたことになる(やな話し)。まぁ、膨らんだり萎んだりするのが得意なクリスチャン・ベールは置いといて、エイミー・アダムスの美貌には恐れ入った。役の為に太ったんだろうが、あのふくよかさがベストなんだと思えてしまうほど(いやぁ怖れ入りました)。実は、それ以上に驚いたのはFOXニュースのアンカーという意味不明な役で出ていたナオミ・ワッツの美貌。とても同じ人類とは思えん(ホント凄すぎたわ)。何しろ映画に深みがないため出演女優の美しさに注目するしかないのも悲しいわな。話しを前述のシュラーフリー女史に戻すと、日本さえ潰せばアジアは平定すると信じこまされた結果、アメリカはベトナム戦争で恥辱にまみれてしまう。中共の横暴や北朝鮮の核だけでなく、クメールルージュの大虐殺も発生しなかったかも知れない。共産主義も含めた独裁政治の死滅を願ってやまない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です