歴史の節目

1928年7月3日から11日、北京の東方にある東陵(満州帝室の霊廟)が破壊され、冒涜され、略奪された。廟の入り口、棺は爆破して暴かれた。乾隆帝の遺物や西太后の遺体もずたずたにされ、遺骨が散乱した。特別法廷が設置されたが、首謀者の中に少なくとも国民政府軍の将校(譚温江)も含まれていたものの、全員が刑罰を免れ、略奪品の回収も行われなかった。また国民政府から、何の遺憾の意も表明されなかった。(中略)前王朝の陵を辱めるのは、中国史の基本中の基本であるから、むしろ1912年ではなく、1928年に起こった事に違いを認めるべきかもしれない(ちなみに「皇帝は」1924年11月5日に紫禁城を追われた)。しかも皇陵が冒涜された時点で、皇統の継承者(皇帝の称号を保持していた)は健在だったのだ。略奪者や国民政府は、何を考えていたのだろうか。中国史は不可解だが、少なくとも20世紀以降の中国近代史は、そういうものだと、わきまえておく必要がある。参照記事 

Vice.2018

米ワシントン州の州議会で21日までに、人間の遺体の堆肥化を認める法案が可決された。ジェイ・インズリー州知事が署名すれば来年5月1日に発効する。同州では死去した住民らの埋葬は火葬もしくは土葬が普通。州議会のジェイミー・ペダーセン上院議員が起草した新法は、人間の遺体を土に早く変容させる方法などと表現した。同議員は万人に通じる経験に一定の技術の適用を認める時機が来たと主張。「人間は自ら好む方法で自らの遺体を処理させる決定が下せる自由を持つべき」とし、「環境により優しくより安全な遺体の処理方法が一部ある」と続けた。参照記事 今年は、アメリカ建国230周年のはず。歴史は浅いのかもしれませんが、墓が暴かれ遺体が損壊される事件が起きない点を前提に議論されている。 ちなみに、数千年の歴史を誇る中華帝国は、天安門事件30周年を迎える。 まもなく、日本は元号が変わる。 韓国にも何か変化が訪れるのであろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です