ヅラの質が上がったのは認める

vlcsnap-2014-05-18-08h38m49s23b.jpg

Tokarev .2014

ひと月ほど前に見た「トカレフ」、ニコラス・ケイジからアクション・シーンを奪ってしまうと、実は何も残らない事がマル判りな展開で白けてしまった。バッド・エンドで締め括るのは良いとして、出演者らの関係性に深いものも感じられず、低能の価値観だけで物語が進行していく様は残念でしかない。まぁ、確かに目に入れても痛くない愛娘の復讐劇なんで、冷静な判断は失われるのだろうが・・アクション主体の娯楽映画なんだからヨシとしますかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です