西アフリカのエボラ出血熱、「もはや制御不能」 MSF

vlcsnap-2014-06-24-19h00m08s34

Outbreak .1995

Outbreak .1995

西アフリカで流行しているエボラ出血熱について、国際医療支援団体「国境なき医師団(Doctors Without Borders、MSF)」は23日、感染が深刻な地域が60か所を超え、「もはや制御不能」な状態だと語った。「国境なき医師団」は報道発表文のなかで、「現在のエボラ出血熱流行は地理的な拡大、感染者および死者の数において前例をみない規模にある」としている。 致死率が最大90%とされるエボラ出血熱のまん延が、あまりに急速なため支援団体や医療関係者らも手に負えず、感染地域の住民たちは恐怖に陥っていると、MSFのオペレーション・ディレクター、バート・ジャンセンズ(Bart Janssens)氏は言う。「新たな感染地域がギニア、シエラレオネ、リベリアで見つかっており、(エボラ出血熱が)他の地域へも拡大する危険が現実に迫っている」。 今回のエボラ出血熱の大流行は、今年初めにギニアで報告されたのが始まりだった。世界保健機関(World Health Organization、WHO)の先週の発表によると、今回のエボラ出血熱の流行でこれまでにギニア、シエラレオネ、リベリアの3か国で少なくとも337人が死亡した。参照記事 参照記事 参照記事 ハリウッド映画やサスペンス小説などを通じ、「エボラ出血熱」の恐怖が知られるようになってから30年以上が経つが、これ迄の死者数は600人と意外にも少ないそうだが、さすがに【制御不能】と泣きが入った現状はちょっとな。何とか致死率を劇的に下げる策が見つかる事を期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です